睡眠不足は通勤時間でも解消できる

睡眠不足が招くデメリット

サイトについて

サイトについて長年、夜勤のある職場で看護師をしていた管理人です。慢性的な睡眠不足に疲れてしまい、今は日勤のみの職場に転職をし、毎日充実した生活を送っています。このサイトで、睡眠不足に悩む看護師のお役に立てたら嬉しいです。このサイトに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いいたします。
sleepy_awwow5863[at]excite.co.jp
※[at]は半角アットマークに直して送信してください。

通勤時間も活用しよう

通勤時間も活用しよう

通勤最中の電車やバスの中で、座った途端に眠りについてしまう事は、睡眠不足の毎日を送る看護師は当たり前にあると思います。脳が「身体を休めて」と指令を出しているのかも知れません。仮眠はレム睡眠ですので、脳は眠らなくても、身体を休ませる事が出来るからです。ですので、通勤や休憩など、短い時間でも上手に仮眠をとる事がとても大切なのです。

通勤時間の仮眠

通勤途中、バスや電車、地下鉄などで仮眠をとりましょう。座って仮眠をする際は座り方も大切です。まずはまっすぐ座ります。背もたれより拳1個分あけて座り、体重を上半身の真ん中より少し上にかかるようにイメージするのが良いです。身体をゆがませないように足組みや腕組みはせず、手は太ももに置いて仮眠しましょう。
また、座る場所が選べるようでしたら、座席の端(壁側)や窓側の座席を選ぶと良いです。身体を固定できる場所があると、身体を預ける事ができて、余計な筋肉を使う必要がないので快適です。座席に座れない場合は、立って寝る方法もあります。電車のドア横にある手すりと座席の壁や支柱に身体を挟むようにすると安定感もあります。立ち寝をマスターできると通勤中の仮眠の幅が広がりますね。いずれにしても、身体を短時間で休める事が目的なので、ついうっかり寝過ごして遅刻した、というような事がないようにしましょう。

仮眠に役立つもの

気をつけていても通勤中の仮眠は、ついうっかりと寝過ごす心配もあります。出勤時はある程度の緊張があっても、仕事帰りの電車やバスでは緊張もとけ、ついつい寝過してしまいがちです。
そんな時に役に立つのが、「スリープトラッカー」です。この腕時計はタイマー機能も付いていて、アラーム音の代わりに振動で時間を教えてくれます。公共の乗り物の時は音が出ないのは便利です。また、内蔵されているアクセロメーターが眠りの浅い時をキャッチするので、心地よく起きれる時に起こしてくれます。自宅での仮眠はもちろんの事、通常の睡眠時の目覚ましとして使うのがかなりお勧めです。

「スリープトラッカー」はこちら

「スリープトラッカー」はこちら

また、電車内で使えるのが、「通勤快眠」アプリです。このスマホアプリを使えば、降りたい駅の近くになると音で教えてくれるので乗り過ごしも心配ありません。このアプリのお知らせ方法も音以外にバイブ機能もありますので安心です。設定も簡単でかなり使えるアプリですので試しにスマホにインストールしてみて下さい。

「通勤快眠」はこちら

「通勤快眠」はこちら

音楽で脳を休めよう

通勤、退勤時はなかなか座れない、立って寝る事も出来ない方もいると思います。そんな時は、少しでも脳がリラックスできるように癒しの音楽を聴くのも良いと思います。最近では、レンタルで自律神経を整える音楽や、副交感神経を有利にするCDもたくさん出ています。休日にまとめて借り、音楽プレーヤーやスマホにインストールすると良いでしょう。通勤時間を有効活用し、少しでも身体を労わりたいですね。